キッチンシンク特集

毎日使うキッチンシンク

料理をするために、毎日使うことになる「キッチンシンク」。毎日使うのであれば、機能性や見た目にもこだわりたいのではないでしょうか。

しかし、キッチンシンクは種類も多く、選ぶことが難しいのが現状です。

そこで今回は、様々なニーズや特長に合わせた、キッチンシンクの選び方を紹介します。

取り付け方で選ぶ

キッチンシンクは、取り付け方の違いで2種類に分けられます。カウンター下にシンクを接合する「アンダーシンク」と、カウンター上から落とし込む「オーバーシンク」とがあります。

アンダーシンク

アンダーシンクは、ステンレスや人工大理石カウンターをシンクと同素材にすることで、継ぎ目のないシームレス接合が可能となり、継ぎ目をなくすことで、掃除がしやすいシンクとなります。

オーバーシンク

オーバーシンクは、カウンターよりも上にシンクの縁が見えてくるので、シンクの存在が際立ちます。カウンターが木製やタイル張りなどの素材を選ばず、組み込めることが特徴です。

素材・色で選ぶ

キッチンシンクの選び方には、素材や色で選ぶこともあります。最近では「ステンレスシンク」「カラーシンク」「人工大理石」シンクが主流です。

ステンレスシンク

ステンレスシンクは、昔から使われており現在でも主流な素材です。熱に強く、錆にくく、変色もしづらいので、キッチンシンクにはぴったりな素材です。

カラーシンク

カラーシンクは、ステンレスに特殊セラミックコーティングをして色をつけたシンクです。弾力性のあるステンレスに、コーティングしたことで耐熱性・耐摩耗性・高洗浄性・耐酸性が向上しました。

人工大理石シンク

人工大理石シンクは、見た目が大理石のようで高級感がありつつ、大理石より安価なシンクです。カウンターとのシームレス接合ができることも魅力の一つでもあります。それもあり、最近人気上昇中の素材です。

こだわりで選ぶ

キッチンシンクは長年にわたり付き合うことになります。そのため、とことんこだわりたくなる人も少なくありません。サイズや形状など、こだわりのシンクがある方にはセミオーダーのシンクがおすすめです。

お問い合わせについて

キッチンシンクに関して、ご質問・ご相談がありましたら、下記リンク先より、お問い合わせください。担当者より、メールにてご返信させていただきます。

≫お問合せ

表示件数
並び替え